新たな家族

あっという間に9月に入りましたね。一気に仕事も忙しくなってきました。

ムスメはもうすぐ2歳。おしゃべりも活発になり、最近では普通に会話が成立するようになりました。成長を感じます。

さてそんな中、ツマのおなかに新たな命が宿りました。現在9週目で順調に大きくなっています。ツマはちょっとつわりで辛そうですが。。。

二人目は難しいかなあと思っていたので、喜びもひとしお。本当に嬉しいです。来年の春には我が家も2人きょうだいに。楽しみだなあ。

とはいえ、ムスメ一人でもこれだけ大変なのに、子どもが2人いるとどうなることやら。私もツマも実家がそれぞれ遠く、日常的に親の援助は見込めないので、本気でシッターさんの導入を検討しなければならないかも。

そして私の育休をどうするか、考えどころです。ムスメの時と同じようにツマと半年交代にすると、超繁忙期とバッティングしてしまうし…とは言え、なんとか休みを取って、同じように子育てしたいなあという思いも。ゆっくり考えたいと思います。

ムスメはというと、何となく赤ちゃんが来たことが分かり始めた模様。ツマのおなかに乗っかろうとして「お母さんのおなか、ドンしちゃだめだよ」「?」「あかちゃんいるからね」「あかたん?」…そんなやり取りを繰り返し、「赤ちゃんがいるからお母さんのお腹に乗ってはイケナイ」ことが分かるようになりました。

「あかちゃん好き?」の質問には、最初は「…」という微妙な感じでしたが、最近では「うん、よしよし、するよ?」と、だいぶ肯定的な態度に変わってきました。

また、絵本などで4人家族の絵をみつけると、「おとーしゃんとー、おたーしゃんとー、○○(自分)とー、あかたん!」と言うように。家族が増えるという意味が何となくわかってきたようです。

実際生まれたら、ムスメも赤ちゃんがえりするのかな。それはそれで大変そうではありますが、まあ何とか家族4人、頑張っていきたいと思います。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

にほんブログ村
スポンサーサイト



夏休みはダラダラと。

今週は私が夏休みだったため、ムスメの保育園の送り迎えは私の担当。ツマの職場の保育園なので、ツマとムスメを車に乗せて保育園まで送り、帰りは迎えに行くという毎日でした。家族3人で出かけるので、道中(といっても5~10分程度ですが)ムスメはとてもご機嫌。

保育園に到着し、門をくぐるとムスメは園庭を走って玄関を通り越し、保育室の窓にはりつきます。すると、中からお友達がワーッと寄ってきて、「○○ちゃんだ~」「おはよー」と言いながら網戸越しに(暑い日は冷房が入っているので窓越しですが)ムスメとタッチ。そこからおもむろに玄関に向かうムスメ。一種のセレモニーですな。

ムスメを送り届けた後は、ドライブがてら帰宅。お盆期間は車も少なく快適です。皇居を一周したり、青山通りを南下したり、橋好きなのでゲートブリッジやレインボーブリッジなどをぐるっと巡ったり。

ムスメとのドライブの際は、車内は主に童謡が流れているのですが、一人なので自分の好きな曲を。フルボリュームでホセ・カレーラスを聴いたり、ジャズを聴いたり。湾岸を走るときはサザンなども。なかなかこのような時間は取れないので、楽しいですね。

迎えの際もムスメは「おとーしゃんの、ぶーぶ♪」と言いながらご機嫌。「おとーしゃん はー、うんてん!」「○○(ムスメの名前)はー、ぶーぶー」「あおに、なった、よ?」などとおしゃべりを。今週はツマの仕事もお盆進行だったのか、何度か一緒に3人で帰ることができました。ムスメも楽しそう。

しかし、この1週間は本当にだらだらと過ごしました。気持ち的にもかなり休んだ気がします。特に派手なイベントもなく、日中はドライブしたり、家の片付けをしたり、換気扇の大掃除をしたり、仕事(!)をしたり、地味地味です。暑いのであまり積極的に出かける気もせず。

唯一のイベントと言えば、1日だけ仕事を休めたツマとちょっとデートがてらランチをしたことでしょうか。ムスメ抜きで2人で食事なんて本当に久しぶり。ちょっとだけ恋人気分(?)に戻って手をつないでみたりして。いつもはムスメの手を握っているので、なんだか不思議な気分です。それでも夕方にはムスメのお迎えといういつもの日常に。

そして今日はツマが仕事。土曜なのにお疲れ様。ムスメは朝から元気をもてあまし気味なので、午前中の雨を避けて、午後から近所に散歩へ。空を見上げると、まだまだ夏の雰囲気です。暑いしね~。ムスメも走り回って楽しそう。

120818-1.jpg

さて休みも明日が最後。明日くらいは3人でどこかに出かけようかな。それとも近場でゆっくり過ごそうか。たっぷり休養したので、月曜からの仕事、頑張らねば~。



にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

にほんブログ村

暑い夏に食べたくなる、辛いモノ。

最近、ムスメはなぜか早起き。6時過ぎ、下手すると5時台には活動を開始します。ベビーベッドの上に起き上がって枠につかまり、「おとーしゃーん、おたーしゃーん」と親を呼ぶのですが、こちらとしては眠い。ということで、エイヤと抱っこして大人のベッドのツマと私の間に一度寝かせます。

すると、しばらくはタオルケットなどをくちゅくちゅしながら大人しくしてくれるのですが、一度起きるスイッチが入ってしまうと、ベッドの上にむっくり起き上がり、「たっち、たっち」と言いながらベッドを降りて寝室内をテクテクと歩き回り始めます。

せっかく会社が休みなのでもっと寝たいよ~と思っていても、ベッドサイドテーブルの上からメガネをつかんで、「おとーしゃん の めんめ、どーじょ~!」とメガネをつけることを強要します。朝はツマの方が先に起きてくれることも知っていて、ムスメは概ね最初にツマを攻めます。

昨日も「めんめ、どーじょ~!」「あっち、あっち」とリビングへの移動を要求。ツマが根負けしてムスメを連れて行ってくれた後(ツマありがとう!)、ほっとして二度寝を試みようとする私のもとに、廊下をドドドドと走り寄る足音が。

寝室のドアをガチャッと開け、ベッドサイドに走り寄ってきて、「おとーしゃーん、おーきーてー!おーきーてー!」と騒ぎながらベッドをバシンバシン叩き始めるムスメ。「ムスメちゃん、もうちょっと寝てていいかな?」「いやいやいや、おーきーてー!、おーきーてー!(バシバシ)」とドアまで戻りくるっとこちらを振り向き、「みんなー、おいでー!」「あっち、あっち~!」。もう何が何だか。。子どもがいると、なかなか朝寝を楽しむことは難しいですね…

さて本題ですが、もともと辛いものが大好きです。唐辛子、わさび、からし、なんでも平気です。ただし、そのくせ腸が弱く、辛い物をたらふく食べる時は、決まって休みの前の日。そう、次の日お腹にくることがわかっているからです。。ツマも最初は「そんなにしてまで食べたいの?」と呆れ顔でしたが、もう諦めているようです。

先日も急にタイ料理が食べたくなったのですが、あまりの暑さに外に出かけていく気がせず、スーパーで材料を買って自分で作ることにしました。なのでなんちゃってタイ料理ですが。。

そこで最近見つけてはまっているのがコチラ。
「いなば ツナとタイカレー」

20120813.jpg

近所のスーパーでは100円程度で販売されているのですが、かなり本格的なタイカレー。100円とは思えないクオリティの高さです。「ツナたっぷり」の謳い文句そのままに、柔らかく煮込まれたツナがたくさん入り、スパイスも効いていて本場のタイカレーさながら。ごはんにかけるとまさにタイカレーです。安いのに旨い!

この日はその他、以下のようなラインアップです。厳密にはタイ料理ではないですね、エスニック系の食卓となりました。
(写真を撮るのを忘れました…スミマセン。。)

・ヤムウンセン
ダイ風の春雨サラダ。スイートチリソース、ナンプラー、しょうが・にんにく、レモン汁、水、コショウなどを混ぜたソースに、戻した春雨、きくらげの細切り、紫玉ねぎ薄切り、炒めた鶏ひき肉などを加えて混ぜたのち、最後にパクチーのみじん切りをたっぷりかけて再度混ぜて完成。

・牛肉のスパイス炒め
醤油と紹興酒、八角、小麦粉少々を入れたつけだれに、サイコロ状に切った牛肉を漬け込みます。20分くらいでしょうか。フライパンで炒めて一度取り出し、パプリカ(黄・赤など)、長ネギ(1cmくらいの小口切り)、キノコ類を炒め、オイスターソース、シナモン少々で味を付け、炒めた牛肉を戻し入れてつけだれをからませ、コショウを振って完成。仕上げにパクチーを散らします。

・から揚げのチリソース和え
近所の肉屋で購入した鶏のから揚げに、スイートチリソース、ナンプラー、ごま油、しょうが・にんにく、酢、コショウなどで作ったソースをからませ、みょうがとパクチーのみじん切りを加えます。トマトのみじん切りをかけてもOK。

・空芯菜の炒め
空芯菜をざく切りにし、にんにくみじん切りと鷹の爪を炒めたものに加え、ナンプラーで味を調えます。所要時間30秒。

ムスメはというと、辛いものはまだ無理なので、トマト、から揚げ、野菜炒めなどをパクパクと。

ちなみに、タイ料理には泡盛がよく合います。原料がタイ米なので、当然といえば当然なのですが。石垣島で買ってきた泡盛で…と言いたいところですが、既に全部飲んでしまった後。仕方がないのでスーパーで「久米泉 古酒」を購入、ロックで合わせます。親子三人、なかなか楽しい夕餉になりました。



にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

にほんブログ村

おしゃべりと投げキッス☆

暑い毎日ですね。もうお盆目前。ここ2週間ほどはバタバタで大変でしたが、何とかムスメの体調も回復し、毎日元気に騒ぐようになりました。

さて、現在1歳10ヶ月のムスメ。最近はおしゃべりがかなり上手になってきて、だいぶ意思の疎通ができるようになりました。自分で言いたいこともある程度言えるようになり、意志をもってあーだこーだ話しています。

沖縄旅行からの1ヶ月で、言語の発達が飛躍的に伸びてきたようで、単語や2語文から、だいぶ文章としてまとまりのある言葉が出てくるようになりました。

たとえば…

・助詞が使えるようになり、「おとーしゃん は?」「おたーしゃん は?」などと疑問を発するようになりました。ちなみに、「か行」がまだうまくは言えません。また「こえ、なーに?」と物の名前を尋ねることも。

・「悩むフリ」が発現。「ムスメちゃん、バナナとキウイ、どっちがいい?」と聞くと、「えーとー、えーとー、えーとー…(ためて)ば・な・な!」と最後は満面の笑みで答えます。お茶と牛乳でも悩むのですが、大体答えは「えーとー、えーとー… にゅうにゅう!」。今日の段階ではバナナ>キウイ≧スイカという感じ。毎日順位は変動しますが、一位はほぼバナナのようです。

・携帯を充電器に立てるのが大好き。「おとーしゃん の でんわ は?」とウロウロと探し回り、「ムスメちゃん、テーブルの上にあるんじゃないかな~」と答えると、うーんと伸び上がって「あった!」。嬉々として電話を充電器に立て、「おと-しゃんの でんわ、どーじょ~!!」と叫びます。

・一人で本を読めるようになりました。「もこもこもこ」「だるまさんシリーズ」「おしくらまんじゅう」などが大好き。本をめくりながら、「そーえ、おーくーらまーじゅー…」などと楽しそうです。

・私が買ってきた車の雑誌をめくりながら指差して、「おとーしゃん の ぶーぶ あった よ?」と教えてくれます(もちろん違う車の写真ですが…)

・今朝、早朝から起きだしたムスメは、一人で廊下に出てクイックルワイパーを発見して遊んでいたようで、ベッドで朦朧としている私の元に来て、「そーじ、しーた よ? きれい に なた よ?」と報告してくれました。スミマセン手抜き掃除で…。

・頑張ろうと思いつつ、トイレトレーニングは進んでいません。。保育園ではチョコチョコ成功しているようなのですが。家では「ムスメちゃん、チッチ出そうになったら教えてね?」などと話しかけてはいるものの、ほぼ事後報告です。「ちっち、でた よ?」

・歌が大好き。子ども用のピアノを叩きながら、「おうまー、みんなー、ぱっぱー、はーしるー」と歌ってくれます。「はとぽっぽ」なども得意。最近は「ぴ、ぴ、ぴ、ぴ、ぴぴはっぴー」というのがブーム。ちなみに、おかあさんといっしょの「ちょちょんがちょん、しょきしょきちょん…」という歌も大好きで、一生懸命踊りを真似しています。

・そういえば、いつの頃からか「はい、どーじょ!」ではなく、「どーじょ~」と単独で言うことが多くなりました。しかも、手のひらを上に向けて差し出して「どーじょ~」。腰を少しかがめて手を差し伸べ、「おとーしゃん、どーじょ~!」などと歓迎してくれます。見た目はおひかえなすってのポーズに酷似しています。

といったところでしょうか。会話ができるようになり、言語のコミュニケーションが取れるようになってきたので、毎日賑やかではありますが、なかなか楽しいです。

そしてそして。

以前の記事に書きましたが、私が帰宅した際、ムスメが起きている時間だとバタバタと走って迎えに来てくれます。そして、オリジナル技として、口のわきに手を当てて、「やっほー」のポーズで腰を少しかがめて「おとーしゃーん」と囁く様に呼びます。これが中々萌えます。

ところが、最近はそれに加えて、まず両手を口に当て、おもむろに両手を広げて「ちゅっ」してくれる「投げキッス」のサービスが増えました(*^_^*)。

帰宅時に限らず、朝の「行ってらっしゃい」の時や、夜寝る前の「おやすみ」の時も、「おとーしゃーん…(ためて) チュッ」。ああ、なんて可愛いのだ(親バカ)。

一方でなかなかしてくれない時も。「ムスメちゃん、ちゅーしてよ」「いやいやいやいや」「ちゅーは?」「いやいやー」を繰り返し、仕方ないと引き下がると、ニヤッと笑いながらトコトコ寄って来て、ほっぺに「ちゅっ」。1歳10ヶ月にして焦らしのテクも身につけるとは。一丁前に女だねえ。

しかし、いったいどこで覚えるのでしょうか…



にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

にほんブログ村

初病児保育

ムスメは金曜には37度台、土曜には36度台まで下がり、今日は鼻水をたらしながらも元気に動き回っています。

ツマがこの土日とも仕事なので、ムスメの相手は私。あれをしてくれ、これをしろ、一緒に遊べと次々に要求を繰り出してきます。ちょうどこの週末は近隣で祭りが行われており、お神輿が練り歩いたりしているのですが、祭り好き(?)のムスメは太鼓の音や掛け声がすると、「おそと!おそと!」とバタバタし始めるので、甚平を着せて外に連れ出したり。

食欲も戻り、先ほど「昼ごはん、何食べたい?」と聞くと「なっとーごはん!」。ほほう、あとは?「えび!」。。。
ということで、ご飯にエビと青菜の納豆和えを乗せたエビ納豆丼とトマトを完食したムスメは、今すやすやと昼寝をしています。

さて本題。金曜は37度台に下がったものの、やはりいつもの保育園に行くのは無理な状況。しかし、私もツマも午前中はずせない仕事が。。ということで、初めて病児保育を利用してみることにしました。

私が住んでいる区では、病児保育のサービスがあり、近くの大病院にナーサリールームが設置されています。区のサービスだけあって、利用料は破格の2000円。しかし定員は数人という狭き門です。

木曜の診察の帰りに登録を済ませ、おそるおそる「明日は空いてますか…」と聞いたところOKとのこと。最初に病院で診察を受けて、保育問題なしということであれば預けることが可能ということで、ムスメの状態次第だとは思いましたが、預けてみることにしました。

翌日、私は朝から社外打ち合わせのため、ツマがムスメを連れて行きました。ムスメは何となく察知したのか、朝からイマイチ挙動が怪しく、「ムスメちゃん、今日はいつもの保育園じゃなく、昨日のところに行こうね」と声をかけるも首を横に振ります。「ほら、立っちして行こう、お外行こう」ということで、ツマが連れ出し、病院へ。

その後は伝聞ですが、病院での診察時はそれほど抵抗しなかったものの、外に出てナーサリールームの建物まで(病院と少し離れている)歩き始めたとたん、「あ、これは昨日のところに連れて行く気だな!」と察知し、地べたに座り込んで泣き出したそう。ツマが何とか連れて行くも必死に抵抗し、預ける時には激しく泣き叫んでいたそうで…

ツマが迎えに行ったときも、怒りまくりながら「はい!」と手を挙げて抱っこをせがみつつ走り寄ってきたそうで、ムスメにとってはなかなか大変な一日となってしまったようです。

もっとも、意外と環境に馴染むのが得意なムスメなので、連絡票には「さいしょぐずったものの、だんだん落ち着いてきて遊べました」「昼ごろにはおしゃべりもたくさんしてくれました」などと書かれていましたが、やはり親を見ると不満が爆発したようです。

病児保育はありがたいシステムですが、結局親の都合なので、やはり子どもの気持ちを考えると、どうなのかなあと思うこともあります。ただし、どちらかが必ず休めるわけでもなく、仕方がないことと割り切るしかないかな、とも思います。親としてはもちろん休んで子どもを看ていたいと思う一方で、仕事もしなければならないし。。。いつか分かってくれるのだろうか。

ということで、昨日・今日のムスメは、いつもよりも甘やかされているような気が…。ま、たまにはいいよね。


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

にほんブログ村
プロフィール

aqua

Author:aqua
新米パパです。2011年4月~9月まで休職し、育児に専念する毎日を楽しみました。手探りの毎日でしたが、本当に楽しい日々でした。

ムスメは現在満1歳と11ヶ月。毎日元気に保育園に通い、日々成長しています。

これからは仕事と家庭の両立に邁進します!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる